知っておこう!間違えない設計プランと土地探し

納得のいく二世帯住宅の設計プラン

家づくりに求めるものは人によって異なります。家族間でよく話し合い、家族のスタイルや生活パターンに合わせた住宅設計が必要です。
二世帯住宅には、3つのタイプがあり、二つの家族が一緒に暮らす完全同居型と、別々の家を2軒並べて建てる独立型、家の一部を別世帯にしつつ、共有スペースを設ける一部同居型に分けられます。
完全同居型の場合、お風呂やキッチンを共同で使えるため、水道光熱費を節約できます。さらに、建築費用も、他の2つのタイプより安く抑えられるなどのメリットがあります。
お互いの家族のプライバシーを尊重できる家にしたい方には、独立型や一部同居型の二世帯住宅がおすすめ。独立型であっても、二世帯が行き来できる入り口を設ければ、必要な時に一緒に過ごすことができて安心ですね。一部同居型は、住居スペースに家族同士が自然と集まれるような空間スペースを設けることで、お互いの心が通い合う温かい住宅になります。

どんな住宅にしたいのか、間取りを考えながら土地探しを

2つの独立した二世帯住宅を建てる場合、2つの家が重なった形の縦分離型と、横に隣り同士に並ぶ横分離型があります。
土地が広くない場合は、縦分離型の二世帯住宅を建てることになりますが、駐車場や外構、さらに庭も作りたいとなれば、最低でも55坪程度の広さが必要です。また、家を建てる際には、都市計画によって、防火面と住環境への配慮から、周囲と一定の距離を保たなければ家を建てられないという決まりがあります。そのため、土地の面積全部を使って建築できるわけではありませんので要注意です。
横分離型の二世帯住宅は、60~70坪の広さの土地に家を建てるのが一般的です。横分離型にしたいけれど広い土地がないという場合は、住宅の一部に共有スペースを設ける一部同居型を考えてみてもよいでしょう。
土地探しをする際は、漠然と見て回るのではなく、どんな住宅を建てたいのかをイメージし、間取りに合わせた広さの土地を選びましょう。