知っておきたい!二世帯住宅を建てるときのポイント

共有部分と共有しない部分を決める

親子二世帯で住むとき、通常は一般的な住宅で住めばいいでしょう。水回りなどの設備は一つずつあり、各人が寝る寝室、そしてリビングなどがあります。しかし親子とは言いながら年齢にそれなりに差があり、互いに気を使う人もいます。その時に検討するのが二世帯住宅です。いろいろなタイプがあり、完全に行き来ができないタイプもあれば、中で適度に行き来ができるタイプもあります。この時には共有する部分と共有しない部分を決めます。共有するならその設備は一つで済みますし、共有しないならそれぞれで設備を作る必要があります。水回りでは、キッチン、バス、トイレを一つにするか、別々に作るかがあります。一つにすればそれなりに工費を節約できます。

生活スタイルと音を考慮する

親子が生活するとき、働き盛りと子供の親子もあれば、働き盛りとその両親等の親子もあります。働き盛りと子供だと親が子育てをしないといけないのでおのずと同居が必要です。一方で働き盛りとその両親となると、それぞれでの生活ができます。ただ、この時の子供としては、高齢の親が心配なので近くに住んでほしいと感じます。そこで二世帯住宅の建設を検討するときがあります。色々なタイプがありますが、同じような建物を2つ並べたような作りもあれば、1階と2階で世帯を分ける時もあります。1階と2階で分ける時は、生活スタイルの違いと音を考慮した作りにしましょう。互いのリビングの位置であったり水回りの位置をうまく構成して気になりにくいよう工夫しなければいけません。